リノベーション」タグアーカイブ

10/4(土)5(日)リノベーション相談会

141001-001好きなものに囲まれて暮らす。
自分らしい家を、自分の手で作る。
物件のイマイチを、新しい一歩で変えられる。
そんな魅力と夢が、リノベーションにはあります。

リフォームとリノベーションの違いをご存知ですか?
リフォームは「現状回復、今壊れているところを直す」ですが、
リノベーションはさらにプラスして、
「もっと快適に、もっとわがままに」の意味があります。

小さな部屋も、扉ひとつも、今よりもっとステキに快適にしたいなら、
それは立派なリノベーション。
そんなアイデアの分け合いや、問いかけ、してみたくありませんか?
141001-000
RE・KURASUが開催する「アトリエSORAのリノベーション相談会」は、
まず、「住処に夢を見る」ところから始めます。

もちろん、気になるリフォーム費用や実例のこと、物件のこと、
具体的に聞きたいことも知るチャンスです。

女性スタッフもいますので、女性目線で相談に乗ることができますので、
安心してぜひお越し下さい。

●日程:10月4日(土)5日(日)
●時間:11:00-17:00
●備考:予約不要。お気軽にお越し下さい。
●お申し込み(事前予約も可能です)
・EVENT&WORKSHOPのページより「お申し込みフォーム」へお進みいただき、
必要事項をご記入ください。
・メール:info@re-kurasu.com またはお電話087-802-2348(11:00-18:00)でも
受付可能です。

自分らしく暮らすための
リノベーション相談会

●日程:2014年7月5日(土)6日(日)
●時間:11:00-17:00
●備考:予約不要。お気軽にお越し下さい。

———————————————————————-
RE・KURASUは「自分らしく、暮らそう」をコンセプトに、
様々なアイテムやワークショップを準備しています。「らしさ」には、いろんな表現の仕方がありますが、RE・KURASUでは、

・自分らしさを伝えよう
・自分らしく暮らそう
・自分らしい空間をDIYで
・我が家らしいコミュニケーション

の4つを大事にしています。

————————————————————————–

たとえば「自分らしい空間をDIYで」という想い。
「空間」を意識した暮らし方。
自分でリノベーションに関わってみる。
140211-IMG_1497

今、お店にあるFARROW&BALLなどのペンキやDIYアイテムですが、
RE・KURASUは、ぜひ自分の手で使ってもらいたいと考えています。
自分の手でペンキを塗り、空間を変えてみることで、
改めて「自分の暮らし方」が見えてきます。
140323IMG_2969
ひとつの壁を塗ってみよう、と思いついた時、
自分が何気なくいる家、という空間を、
どう使っていたのかな?
どう使ったら「自分らしい」場所になるかな?

壁の使い方も変わってくるかもしれません。
家族がいる方なら、家族みんなとの、コミュニケーションも変わるかもしれません。
壁を塗ることひとつで、
「暮らし方・使い方・コミュニケーション」が、
とっても楽しい方向に進むかもしれません。

それは、他人にやってもらっては見えません。
自分でやるからこそ、手を加える体感があるからこそ、
見えてくるものがたくさんあるんです。
それを「自分らしさ」の発見につなげてもらいたい。
140323IMG_2253
RE・KURASUが「自分らしい空間をDIYで」にこだわる、理由のひとつです。

————————————————————————–
ちなみにこんなお話をしてくれたのは、
アトリエSORAの中野さん。
http://www.soramado.com/co_staff/c/39/43/
建築家・井内清志の元に集まった精鋭スタッフの中でも、特に特に熱い方です。

そんな人たちが集まるアトリエSORAの皆さんが、
毎月1回、RE・KURASUでリノベーション相談会を行っています。
ちょっとしたことから、熱い話まで、何なりと。
若い視点から、家づくり・暮らしづくりを、お手伝いします。
140323IMG_4310
「リノベーションって何なの?」といった、さりげないことでも、大歓迎ですよ。

●日程:2014年7月5日(土)6日(日)
●時間:11:00-17:00
●備考:予約不要。お気軽にお越し下さい。

feeldesign+でいっしょに働きませんか?

feeldesign+では、パートスタッフを募集しています。
どうぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。
■パートスタッフ(1名)
・内容:お店はsoramado風ライフスタイルを提案する場所です。
その展開に伴った企画・販売・事務を行っていただきます。
☆ショールームでの接客・販売
☆ワークショップなどの企画・運営の補助
☆商品管理・事務(word&excel使用)など

・時間:10:30-18:00の間(状況により考慮できます)

・曜日:平日3~4日。月に1~2度、土または日出勤。(定休日は木曜日)
・時給:800円
・資格:高卒以上、40歳未満(長期勤務希望のため)
・備考:
 ・人とのコミュニケーションが好きな方、
建築・インテリア・ものづくりが好きな方(経験は問いません)。
 ・DIYに興味がある方(ちょっとしたDIYの作業も行っていただきます)。
・月に1~2度、土日出勤があります(定休日は木曜日です)。
  状況により考慮できます。お気軽にお問い合わせください。
 ・無料駐車場が利用できます。(お店はJR栗林駅より徒歩約5分です)
・企画が好きな方、チャレンジできます。
 応募:メールにてご連絡頂いた後、履歴書をご送付下さい。追ってご連絡いたします。
    佐々木 info@re-kurasu.com

140211IMG_0269
feeldesign+は「リノベーション」の良さ・楽しさ・すばらしさを伝えるお店です。形式的なことではなく「感じること」「好きなこと」を大切にしています。soramadoの直営店でもあります。

140211IMG_4204
ペンキを扱うので、カンタンなDIYにもチャレンジできます。イギリス製の最高級ペンキ「FARROW&BALL」を扱っているのは、四国ではfeeldesign+だけです。
140211IMG_0050
いろんなイベントやワークショップを企画・補助できます(写真は昨年の「丸亀おもてなし商店」出張ワークショップでの写真)。

興味のある方、ぜひinfo@re-kurasu.com
までご連絡くださいね。

「ワンポイントに、木の温もりを」スタッフRのリノベ日記(6)

スタッフRのリノベーション日記、おまけ編を含めて最終回。今回は壁の一面に木の板を貼って、アクセントにしてみた事例をご紹介します。年末で手持ち無沙汰だった父に「ちょっと手伝ってみない?」とささやいたら、何と一気に仕上げてくれました。あらー。
140119-IMG_4077
木の板、それも「背板」という木の表面がしっかりと残った木をホームセンターで見かけて以来「この木をどうにか部屋のアクセントに持ってきたいなぁ」とずっと思っていました。この部屋に、その昔フィンランドで見た大自然の木の温もりのイメージを持ってきたいなぁ…(世界地図のポスターがその気持ちを無言で訴えています)
140119-IMG_4101
ということで!まず壁の採寸が大事。壁の面積大のベニヤ板に、ヤスリでしっかり表面をなだらかにした背木を貼付けます。裏は接着剤。木の重みで接着できるよう、接着後は一晩寝かせます。
140119-IMG_1714
接着剤は、何か強そうな業務用を購入しました(笑)
140119-IMG_1708
まずは下部分から。背木がしっかり貼り付いたベニヤ板を、壁にビス止めしていきます。もちろん、壁を「コンコン」して、壁の向こう側に「柱」があるかどうかを確かめます。
140119-IMG_1715
こんな感じで上と下がぴったりくっついて、ビス止めをしたら、最後の背木を貼り付けて、ビス止め部分を隠します。重要ポイントは「採寸」!しっかり木の幅も、ベニヤも、壁も、測ってくださいね。
140119-IMG_1713
あとちょっと!父ファイト!手慣れたものです、ちょっと悔しいです。
この気持ちが、ついにDIY女子に目覚めるきっかけとなったのかもしれません(笑)
140119-IMG_4158
これで、部屋のアクセントが完成です!
扉に大空をイメージしたり、壁に大自然の森をイメージしたり…白い壁のおかげで、そんな遊び心がフルに活躍できました。
壁の木部分に世界地図を貼ったり、ネイビー色の黒板にチョークで飛行機を描いてみたり…「旅心マンテン」のお部屋が、無事に出来上がりました。さぁ、次の旅はどこに行こう??
(ちなみに気になるご予算は、背木+ベニヤ板+接着剤で5,000円弱です。家具より安い!)

セルフリノベーションしてから以降、毎日快適で、部屋に片付けるものひとつを厳選しています。部屋を作って、まだ作って…こんなに自分の部屋で遊べるだなんて思ってもみませんでした。
初めてなのに「思い切ったね」とよく言ってもらえます。本当にやってよかった!
全面だけでなく、たった一面変えるだけでも随分違うはず。セルフリノベーションでも一番簡単で一気に雰囲気が変わるのが「ペイントリノベーション」です。
ぜひ、皆さん、チャレンジしてみてくださいね。

「扉にペイント!」スタッフRのリノベ日記(5)

ペイントリノベーションで、一番やりやすい面はおそらく「扉」かもしれません。区切られていて、面積もそこそこ安心できるほどだし、手軽にペイントリノベーションができます。スタッフRも「扉はKAKERU PAINTのネイビーで!」と決めていました。
140118-IMG_4131
こちら、feeldesign+で大人気の「黒板になる塗料」。7色ある中の「ネイビームーン」を選びました。理由は「青が好き」なんです。200mlで1畳ほど塗れて、1300円(税別)。価格もお手頃!イメージと違ってしまったら、また上から塗り直したらいいんです!
じゅらく壁とのたたかい後なので、もう、怖いものはありません。
140118-IMG_4133つるつるの塗装面にチャレンジしてみました。もちろん下地剤を塗っています。1度塗り。
140118-IMG_4134
2度塗り。ここで、ふと、「白いペンキが余ってるよなぁ〜」と思いつき…
140118-IMG_4140
足元は余ったHipペイントで、塗っちゃいました!壁を塗ったローラーで、コロコロ。あえてキレイにセパレートせず、グラデーションをかけるように塗ってみました。飛行機から見る、空と雲の境目をイメージしながら塗ります。
140118-IMG_4151
おお!できた!できました!思いつきでも、なかなかのものです!
じゅらく壁の茶色いままだと、この渾身のグラデーション扉も似合わなかったはず…。
140118-IMG_4159
こんな感じでちょっとずつ完成に向かっています。
面をパーツとしてとらえる事ができるようになってきました。

次回は、上の写真にも載っている「木のアクセント部分」の紹介です。
お楽しみに!

「養生8割、塗り2割!」スタッフRのリノベ日記(1)

さて、ペイントでセルフリノベーションに取り組んだスタッフR。まずは丁寧に丁寧に、養生しました。「養生8割、塗り2割」と言われるほど、養生が大切です。マスキングテープも、マスカーも、本気度高いです。柄物じゃありません、本気色です。
140108-IMG_4084
塗りたくないところ、床、ガラスなど、塗りたくないところや散ってもらいたくないところにしっかり養生していきます。マスキングテープは手でも切れますが、隅などをまっすぐ養生するためにハサミがあったほうが便利です。
140108-IMG_4090
養生が済んだら、「シーラー(下地剤)」を塗って行きます。よく尋ねられるのが「天井をどうやって塗るんですか?」ということ。こういった、ローラーを装着できる長い棒があるので、ぜひ利用してください!長さが調整できる方が、便利です。天井はどうしても上ばかり見てしまうので、とっても首を酷使します。
ポイントは、「奥へ、奥へ!」。手前にころがしてしまうと、水分量の高いシーラーが手前に飛び散り、自分へ降り掛かってきます。これは大変!奥へ、奥へと転がしてくださいね。スタッフRは、痛い目を見ました。
140108-02-IMG_4092
このシーラー天井塗りで、天井の塗り方が練習できました。ここでコツをつかみ、ペンキの色目に挑戦しましょう!

ちなみに。じゅらく壁のシーラーは、非常に吸い込み度が高く、予想以上にシーラーの消費量が激しかったです。2本目を翌日にあわてて購入し、シーラー2度塗りという聞いた事もないコトを行いました。「ペンキ2度塗りならまだ分かるけど…いやいや、きっと何かあるはずだ」と思い、念には念をこめました。
おかげで、じゅらくの砂が落ちることなくペイントに取り組めました!これは想像以上に助かりました!やっぱり養生は大切、下地は重要。「ペイントは、女性にとってのお化粧と同じ」。そう言われると、化粧ベースって大事ですもんね。

feeldesign+にも、新しい下地剤が入荷予定です!環境にも体にも優しい成分でできたものを、皆さんに試していただくことができるようになりますので、お楽しみに!