エイジング」タグアーカイブ

エイジング塗装・アイアンの方法(2)

130830-07
ベースができたら、次はステンシル。お好みのステンシルをご準備ください。
130830-08
ラッカーがおかしな場所に移ってしまわないように、新聞紙などでカバーしながら吹き付けます。両手を上手に使ってみてください。
130830-09
ラッカーは、ぷしゅうと一度きり!強弱を調整しながら、好みの濃さを出してみてくださいね。
130830-10
ゆっくりステンシルをはがして、できあがりです!
130830-11
ステンシルでもこうも変わる。
130830-12
出来上がりに、参加者の皆さんは満足!お部屋の中に飾ったり、プレゼントにしてみたり…いろんなアイデアで、このアイアン塗装をぜひ活用してみてください。

feeldesign+でも、この好評だった「エイジング塗装『アイアン』」を再びワークショップとして行う予定です。興味がある方、ぜひご参加くださいね!

エイジング塗装・アイアンの方法(1)

130830-01
先日feeidesign+で行われた、エイジング塗装「アイアン」の方法をちょっとだけ紹介します。講師は安藤さんです。
130830-02
まず、スポンジ上にペンキを何色か混ぜます。スポンジの上でペンキが混ざることで、鉄っぽい雰囲気を出せるのです。
130830-03
そして、スポンジを塗りたいものの上に、ポンポンポン。
130830-04
途中で茶色を混ぜたりすると、ますます鉄錆っぽい雰囲気に。
130830-05
コツは、ベースとなる色と全く違う色を、勇気を持って混ぜてみること!
130830-06
スポンジの質感と、違った色合いが、うまくミックスしていきます。

これでベースは出来上がり。次は、ステンシルに挑戦です!

エイジング塗装の魅力

「新しいのに、古い」
そんな不思議な効果を、自分の手で作り出す。DIYならではの楽しみ方のひとつに「エイジング塗装」があります。エイジングとは英語で言えばage(年齢・齢)を重ねるという意味。新しいものをわざと塗装がはがれているようにしたり、サビついた感じを出すなど、古いものに見せる手法です。
130828IMG_3625
エイジング塗装がステキだと感じる理由のひとつに、「雰囲気がいい」という視覚の問題もありますが、「『新しいからいい』だけじゃない」というひとつの価値観があるような気がします。時間をかけてエイジング(=齢を重ねる)されてきたモノたちには、きっとストーリーがあります。例えば、昔から使って来た大事な机、お母さんから受け継いだ鏡台、友達から譲り受けたイス……ひとつひとつのモノに、ストーリーがある。そのストーリーを大事に見つめるのも、日々の生活を豊かにする秘訣だと思います。
130828IMG_3760
ただ、日々の生活の中、新しいモノもどうしても必要になります。新しいモノがやってくると嬉しくてワクワクするのですが、これまでのモノとの馴染みも見えてきます。新しくやってきたモノと、これまでのモノが、ひとつの部屋で不況和音を放ってしまう……お部屋全体を見渡すと、バランスがうまく取れてない……。よく考えたら、当たり前ですよね。
そんな時、ぜひ、エイジング塗装を利用してみてください。新しいものだって、味わいを出すことができます。そして何よりDIYのいいところは、自分のストーリーを加える事ができること。自分と同じ時間の流れを、手でつくりあげることができます。
130828IMG_3663
ペンキを塗る、というシンプルなアクションにも、いろいろなテクニックを効果ひとつで随分と雰囲気が変わります。気持ちも、時間も、ストーリーも込めることができます。
「新しいこの子に、自分だけのストーリーを」。まず、カンタンにできるエイジング塗装から、チャレンジしてみませんか?
130828IMG_3808