床材(スギの足場板)の塗装は自分たちで!

着々と内部の工事が進んでいます。

できるかぎり、下の階の防音に配慮するということで、
床材の下に断熱材を敷いています。

この時点でトイレ内は、
仕上げのしっくいの下地になるボードまで、
出来上がっていました。

できるところは自分たちで!

ということで、

床材(杉の足場板)をアトリエSORAのスタッフにも手伝ってもらい、塗って行きました。

床の塗装

床の塗装

床の塗装

まさにDIY男子とDIY女子ですね。

ちなみに、
今回、塗料で使用したのはこれです。

イギリス生まれの木材用塗料(ワトコオイル)

イギリス生まれの木材用塗料(ワトコオイル)。
ホームセンターで用意しました。

植物性のオイルで、浸透性があるため、
表面に塗膜をつくらないので、

木の本来の美しさを保ってくれます。

植物性ということもあり、
臭いも全然きつくはなかったですね。

床の塗装

今回は床を貼る前に、小口だけ。

木なので、時間が経ち、乾燥してくると、
どうしても隙間がすいてきます。

隙間で見えてくるであろう小口部分への、塗装ですね。

翌日の感じは、こんな色あいでした。

コメントを残す