月別アーカイブ: 2013年3月

コミュニティスペースとしてのfeeldesign+

DIYリノベーションを提案するfeeldesign+(フィールデザイン)ですが、

実は、もうひとつの顔として、人が集うが場所「コミュニティスペース」としても動いているのです。

それは、名刺交換会の様な異業種交流という形ではなく、ここから生まれる会話や交流でできる緩やかなつながりをきっかけに、新しい動きを作っていくことを考えています。

「なんにもない高松」「つまんない高松」を「高松ってこんなところだったんだ!」「ちょっとおもろいんちゃう?」に変化させる一翼を担うものになることを目指して。

例えば、クリエイティブな活動をしている”さぬき女子”同士の輪を広げていくことだったり、

伝統を忠実に受け継ぐ〈一貫性〉と、 イマにあった漆器を生み出す〈柔軟性〉が感じられる香川漆器

伝統を忠実に受け継ぐ〈一貫性〉と、 イマにあった漆器を生み出す〈柔軟性〉が感じられる香川漆器

さぬき女子会ときどき男子

さぬき女子会ときどき男子

 

また、feeldesign+(フィールデザイン)のオープンキッチンをBARに見立て、ここに毎回お客様(ゲスト)を迎えしてお話を聞き、その模様を配信するということも計画中です。

インタビューというより、自然な会話のなかからコアな部分をうかがい、「ひと」から生まれるおもしろさ興味深さをお届けできたらいいですね。

 

さらには、IKUNASと連携し「まちなか・うちごはん 花園」を計画中です。

feeldesign+(フィールデザイン)がある花園町は、マンション暮らしをしながら花園小学校、栗林小学校に通う子どもたちが多いため、そのお母さんたちがここの空間を知って、そこから地域での動きが生まれることも期待していたりします。

生活を見直すワークショップを行うことで、「暮らしを楽しむ」「家族を楽しむ」ことにもつながっていくものにしたいですね。

 

この場所の本来の目的でもある、「自分カスタマイズにDIYリノベーションしていく」feeldesign+(フィールデザイン)の活動とも共通する部分が多く、

この場所を通じて「暮らしを楽しむ人」同士がつながってくれることを願っています。

DIY=Do It Yourselfだけでは伝わらない!?

「DIYって何ですか?」

住宅や建築系の業界に精通している人にとっては、
当たり前のように意味が通じる「DIY」も、

一般の方にとってみたら、
こんな質問が出てくることが当たり前なのかもしれません。

DIY – ウィキペディア – Wikipedia

 

DIY(ディー・アイ・ワイ)って、

英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、
直訳すると「それをあなた自身で行う」との意味で、

専門業者に任せずに、
自らの手で工事・作業しようとすること。です。

 

「DIY」という言葉だけでは、

「自らの手で生活空間をより快適に工事する。」

なんて意味には、
なかなか結びつかないかもしれませんね。

 

DIYをしてみて、興味深いのが、
自らの手で行うことで

  • 自らほしいものを造ることから、イメージ通りの自分に合ったものがつくれる
  • 自ら行うことで人件費を削減でき、多少質は落ちても費用を大幅に削減できる
  • できたもののことをよく知っているので、アレンジ、修理ができる
  • 愛着がわき、改造などもできることから長く使われ資源の節約になる。

ということがわかってきました。

手が掛かってしまうのですが、お金に変えられない価値が得られますね。

 

ともあれ、DIYリノベーションを提案するお店・feeldesign+(フィールデザイン)では、「DIY」という概念をもっとわかりやすく伝えていくべきだなと感じる今日この頃です…

DIYリノベーションのfeeldesign+(フィールデザイン)

feeldesign+(フィールデザイン)の本棚・3月25日追加分

feeldesign+(フィールデザイン)の本棚に新しく本が追加されました。
3月25日追加分

feeldesign+の本棚 – 2013年03月 (117作品)

 

powered by booklog

 
 

DIY 手作りの充実感

 
俳優さん女優さんには、DIY愛好者が多いようです。

「渡る世間は鬼ばかり」の女優・中田喜子さんもその一人。
なんと、ハウツー本を出すまでのDIY通です。


「女優・中田喜子のDIY 手作り模様替え工房」(主婦の友社)

2013年3月25日 読売新聞の取材での言葉より、

「何もかも忘れて夢中になれるんです。私にとって気分転換というか、とても大切なリフレッシュの時間なんです」

「プロに任せるのではなく、素人にもできるんだとびっくりしました。元々、家具やカーテンなどインテリアが大好き。自分たちで自由に住まいの空間を一つひとつ作り上げていくことに、とても憧れました」

「お金を出せば、何でも手に入る時代かもしれません。でも、自分で作り上げる充実感は、お金では買えませんから」

「古くなったイスなどの家具を、自分で手直しをして大切に使っていく。愛着のあるものに囲まれていると、優しい気持ちになれるし、表情も明るくなるような気がします」
 
 
 
DIYは、できる範囲から
まずはやってみることが大事なのかもしれませんね。
 
手間隙はかかるけど、気分転換になったり、
やってみると意外と素人でもできたり、
お金で買えない充実感を味わえたり、

新しい発見が生まれそうですね。

■紹介記事:yomiDr.
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=74872

DIYや住宅・建築関係の書籍や雑誌を無料で閲覧できます!

DIYや住宅・建築関係の書籍や雑誌を無料で閲覧できるように、
Book libraryを用意しています。

DIYや住宅・建築関係の書籍や雑誌

関連本が少しずつ揃い始めています。

feeldesignの本棚 – 2013年03月 (109作品)
おうちのはなし
石川新治
登録日:03月23日
住まいの解剖図鑑
増田奏
登録日:03月23日
東京R不動産
東京R不動産
登録日:03月23日
家―良い家の作り方
登録日:03月23日
DIY工具50の極意
西野弘章
登録日:03月23日
意中の建築 上巻
中村好文
登録日:03月23日
意中の建築 下巻
中村好文
登録日:03月23日
普段着の住宅術
中村好文
登録日:03月23日
TURNS(ターンズ) VOL.3
登録日:03月23日
ソラマドがある家
井内清志
登録日:03月23日
TRUCK NEST
TRUCK
登録日:03月23日
powered by booklog

 
 
これらの本から、DIYやリフォーム・リノベーションの
ヒントを見つかるといいですね。

ですが・・・

これらを納める本棚が、まだ用意できていないため、
ひとまずブクログでWEB本棚をつくりました。ご覧ください。
http://booklog.jp/users/feeldesign

・・・はやく本棚を用意せねば(汗

丸の内ハーマンミラーストアがDIY工房に早変わりしている!?

普段、ショールームとして使用している
あんな場所も、こんな場所も、
シート一枚で、DIY工房に早変わりしてしまいます!

ワークショップを開催した場所は、東京・丸の内のハーマンミラーストアなのですが、それにしても、ブルーシートを敷くだけでも、DIY工房に様変わりするものなんですね。

 
ワークショップ主宰・石巻工房代表の
芦沢さんの締めの言葉がとても心に響きます。

「自分でつくったものだから大切にしようとなる。ものってそういうものですよね。無塗装なのに塗装したような、いい感じにテカってきますので、汚れていくのを恐れず使ってください」

”自分でつくったものだから大切にしようとなる。”

DIYをすることで得られる、お金で買えない価値ですね。
 
  
■紹介記事:丸の内地球環境新聞
http://www.ecozzeria.jp/shimbun/news/2013/03/12/ecomusubidiy.html